スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経営資源からみるボドゲビジネス

明けましておめでとうございます。
昨年あまり活用出来てなかったので今年はブログの方もなるべく使っていこうと思います。
さて、突然ですが、経営者って何でしょうか?
仕事柄色々な経営者の方にお会いする機会があるのですが、店長として雇われ、長年勤めていたベテランの方がいざ自分の店を持って独立したとしても上手くいかないことがあります。
そういうとき、雇われ店長と経営者って何が違うのかなと考えたりします。
自分なりに考えてみた今の結論としては、
雇われ店長は与えられた経営資源を活用し、売上などの営業目標の達成する存在
経営者は経営資源そのものを生み出し、増大させていく存在
というところです。
ここで、経営資源という言葉を使いましたが、一般的には、ヒト、モノ、カネ、さらにノウハウと言われるものです。
与えられた人員、店舗・設備、予算、決められた手順の中で仕事をする雇われ店長に対して、経営者は人員の雇用・育成、店舗の改装、設備の購入、資金の賃借、蓄積、マニュアルの整備などを行う必要があります。
話をボードゲームビジネスの話に移します。
ボードゲーム好きの方であればそれを仕事にしてみたいという思う方もいるかと思いますし、既に仕事にしている方も少数ながらいると思います。
どんなビジネスが世の中にあるのかはいつかブログか同人誌にでもまとめてみたいなあとは思いますが、分かりやすいところで最近流行りのボドゲカフェを例に出します。
ボドゲが好きだ!
ボドゲカフェを開こう!
さて、何を準備すれば良いでしょうか?
ここで、先ほどの経営資源の話を踏まえるとだいぶイメージが具体化すると思います。それぞれについて経営資源がある例とない例を比べてみましょう。
①ヒト
ある例:妻が従業員として勤めてくれる、ボドゲに詳しい友人がバイトをしてくれる
ない例:従業員はこれから求人サイトで探す
②モノ
ある例:空きテナントを親が所有している、店に置けるようなボードゲームを100個持っている
ない例:物件は賃貸予定でこれから探す
③カネ
ある例:働いて貯めた預金が300万円ある、親から当面返済不要で資金を借りられる
ない例:全額銀行から借りる
④ノウハウ
ある例:ボードゲームショップに長年勤めていた、飲食店で店長をしていた
ない例:ボドゲが好き!以上!
経営者となるにあたって経営資源は多いに越したことはありません。
しかし、全てを最初から揃えるのは容易ではないでしょうし、そのために時間を要し続けては真にやりたいことをやれる時間がなくなってしまいます。
個人的にはこのうちどれか2つは準備してもらいたい(ゼロで始めるのは論外)と思いますが、あとは経営の中で資源を蓄積、増大させていくと良いと思います。
既にボドゲビジネスをされている方も、これから始めようとされる方も、経営資源の観点から検討されることをお勧めします。
とりとめのない話ですが、以上です。この手の話に興味のある方は飲みながらでも一緒に議論しましょう笑
今年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ユキ

Author:ユキ
東京大学を卒業後、霞が関を数年うろうろした後、金融っぽいことしてます。東京→名古屋→福岡(現在)を転々としている転勤族です。どこでも仲間がみつけられる趣味が欲しいとボードゲームを始めました。最近は特にカルカソンヌに力を入れてます。その他に自転車旅行やポケモン、スパロボ、プリキュアあたりが趣味です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。