ギャモンくんとソンヌちゃん

今ではカルカソンヌの人という認識をされがちな私ですが、他にも好きなゲームはたくさんあるのです。


今日はその中の1つである「バックギャモン」を紹介します。




1、バックギャモンとは?

バックギャモンという名前は聞いたことがあるけどやったことはない、そういう人が多いのではと思います。

実はこのゲーム、世界的に人気かつ歴史があるゲームなのです。(それこそ私なんかが語るには恐れ多いレベル)


日本バックギャモン協会HPより
古代エジプトでは「セネト」と呼ばれ、ピラミッドの壁画や王族の副葬品にも見かけることができます。このセネトが古代ギリシャに伝えられ、さらにはローマへと受け継がれていく中で現在のバックギャモンのルールの原型が確立されいったと考えられています。このゲームは東方にも伝わり、Nard(ナード)と呼ばれ、アジア大陸全域に広まりました。日本には中国を通じて6世紀には伝来したと考えられています。



ゲームの基本構造はとてもシンプル

二つのサイコロをふって出た目の数だけ自分のコマをすすめゴールに向かう。


そう、すごろく、です。


もう少しだけ付け加えるなら、

・二人で遊ぶ対戦ゲーム
・コマは15個ずつある
・自分のゴールは相手のスタート地点であり、すれ違うように進めていく
・ぞろ目は2倍動かせる
・相手のコマを踏むとそのコマはスタートに戻される
・ただし、二つ以上自分のコマがマスにあると踏まれない
・ポイントマッチではそのセットの得点を倍にすることを持ちかけられる

という要素があります。



まあ、詳しくは解説動画やバックギャモン協会のサイトをみた方が早いでしょうね

日本バックギャモン協会



2、バックギャモンのすすめ
私がこのゲームをお薦めしたい理由が3つあります。


①シンプルながら奥深い
すごろくと聞くと運ゲー(運だけで勝負が決まるゲーム)の印象が強いですね

そういえば、かの名作すごろく「人生ゲーム」が、ボードゲームギークの間で人気がないのは有名な話、運ゲーはゲーマーには好まれないのでしょうね

バックギャモンもサイコロが絡む以上、運の要素は大きいです。

しかし、強い人にはまず勝てない。

自分の感覚では運3:実力7という感じです。


②手軽に遊べる
伝統的なゲームなだけあって、将棋やチェスなどと同様にアプリやオンラインでの対戦が簡単にできます。

それこそ自分が最初にバックギャモンを遊んだのが、飛行機の座席についてるモニターでしたしね

オンラインではBGAPlayOKなどがおすすめです。

無料アプリはたくさんあるので色々試してみてね




③実物がお洒落




専用ボードはこのようにアタッシュケース状なのが一般的です。

ぱっとみゲームにみえないお洒落さがありますね!

それこそバーにおいておくとインテリアにもなりそう。


私のボードは比較的小さなサイズですが、世の中にはもっと大きなものや高級なもの色々なボードがありますね




3.カルカソンヌとの共通点

プレイしているとカルカソンヌとバックギャモンって似てるなあと感じることがあります。

例えば

・二人で対戦する
(まあ、カルカソンヌは本来多人数用ですが…笑)
・勝利には運と実力の両方が必要
・どこで勝負手を打つかという駆け引きがある
・試合ではチェスクロックを使う
・ネットやアプリで対戦できる
・待ちを広くすることが大事
・デュプリケーションに注意
・カウンティングできるとよい
・世界に挑戦できる
・日本人初の世界チャンピオンは望月氏

などなど。

どちらかといえば、バックギャモンの方がシンプルな感じなので、バックギャモンの戦略はカルカソンヌに適用できる部分があるかもしれませんね。


さてさて、長くなりましたが、言いたかったのはこの一言。







バックギャモンは良いぞ



今週末名古屋ではサシゲー会という二人用ゲーム中心のボードゲーム会がありますので、もしバックギャモンに興味持たれた方は自分に声をかけてくださいね。

自分は強くはないですが、喜んでインストいたします♪







スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ユキ

Author:ユキ
東京大学を卒業後、霞が関を数年うろうろした後、金融っぽいことしてます。東京→名古屋→福岡(現在)を転々としている転勤族です。どこでも仲間がみつけられる趣味が欲しいとボードゲームを始めました。最近は特にカルカソンヌに力を入れてます。その他に自転車旅行やポケモン、スパロボ、プリキュアあたりが趣味です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR