スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本選手権に向けて自己分析

日本選手権まで残り二週間。


先週はミープルズで、今週はメーカルで本戦に向けた実戦練習をさせてもらいました。


どちらもなかなか勝ち越せませんね(^_^;)


もちろん相手が強いというのもありますが、これが本戦のレベルなのでしょう


ここから大幅な実力アップは見込めないかもしれませんが、せめて心身を万全の状態に整えていきたいと思います。


さて、


では、


今の自分に何が足りないのか?



これを考えるヒントが「カルカソンヌ最強指南書」改訂版のp.83にありました。


詳しくは同書に譲るとして終盤のパターンは大きく3つに分類されるとのことです。





正しく盤面の状況を把握した上で、とるべき行動とその結果を自分なりに整理するとたぶんこんな感じ。





Ⅰ堅実に打てばほぼ勝てる状態を分けるのは、負け筋を潰せるか否か(①②)

この場面では、例えば草原の広がりを抑えたり、相乗りの目を潰すようなタイルの置き方、言い換えれば「技術」の要素が大きいのではないかと思います。



Ⅱ引き次第で勝負が決まる状態を分けるのは引けるか否か(③)

この場面は、正に「運」でしょうね笑。



Ⅲ堅実に打つとほぼ負ける状態を分けるのは、勝ち筋を作れる否か(④⑤)

この場面では、例えば都市の完成と草原の相乗りを同時に狙う待ちを作ったり、ミープルを全投入するなどの度胸や勝負感、言い換えれば「経験」の要素が大きいのではないかと思います。


さて、このⅠ~Ⅲのパターンですが、Ⅰ>Ⅱ>Ⅲで勝率が高いのは明らかです。


堅実に打てば勝てる状態から堅実に打つと負ける状態まで急降下することは早々ないでしょう(あるとしたら盤面の評価が間違っていたのかも)


それならば、終盤の行動で勝率を上げることだけでなく、序盤、中盤の行動でも勝率を上げることが必要です


言い換えればなるべくⅠの状態を作る、少なくともⅢの状態を作らないことが必要です。


どんな要因でⅠ~Ⅲが分かれるのか、いくつか列挙するならこんな感じでしょうか。




当然ながらタイルの引きは「運」です

が、

それを生かすための広い待ちを作れるか

一手に複数の意味を込められるか

得点期待値の高い手を打てるか

などは「技術」「経験」によるところが大きく、これらを高めることでなるべくⅠに近づけていくことが重要なのでしょう。




さて、自分の現状分析に話を戻します


自分は、去年日本選手権に初めて出場した後、カルフェスやメーカルでの実戦、iosELO2000越えの対戦を経て、それなりの「経験」は積んでこれたのではないかと思います。


まだまだ改善の余地はあるもの、序盤中盤の得点効率や終盤の勝ち筋の作り方は身に付いてきたように思います。


その一方で相手の強さに寄らず、Ⅱ引き次第で勝負が決まる状態が多くなっているような気がします。


つまり、勝ちきれない


Ⅰの状態になっても序盤中盤のような得点効率を意識した打ち方を続けてしまい、負け筋を潰し切れていない

そんな気がしてきました。


残り時間はわずかですが、やれることはやるつもりです。


再来週の日本選手権では、

Ⅰの状態になる→50%
Ⅱの状態になる→40%
Ⅲの状態になる→10%

を中間目標(A)とし、


Ⅰの状態のまま勝つ→100%
Ⅱの状態にして勝つ→50%


を最終目標(B)に、


累計勝率70%(A×B)


4勝2敗を目指したいと思います。




ではでは皆さん、よいカルカソンヌを!


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ユキ

Author:ユキ
東京大学を卒業後、霞が関を数年うろうろした後、金融っぽいことしてます。東京→名古屋→福岡(現在)を転々としている転勤族です。どこでも仲間がみつけられる趣味が欲しいとボードゲームを始めました。最近は特にカルカソンヌに力を入れてます。その他に自転車旅行やポケモン、スパロボ、プリキュアあたりが趣味です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。