スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BSWでカルってみたい

8月の日本選手権、10月の世界選手権が終わり、今年のカルカソンヌ的なイベントは12月のカルフェスを残すのみとなった今日この頃。
少し世間のカルカソンヌ熱が落ち着いてきたような気がしますね
自分自身もしばらく仕事以外にやらないといけないことが山積みでiOSを時々触るくらいになってました。
カルフェスには所用で出られなく、至極残念ですが、盛り上げには積極的に協力していきたいなと思います!
さて、昨年の日本選手権では初のオンライン予選、BSW予選がありました。
BSWというのはオンラインで各種ボードゲームが出来るPCサイトです。
日本のサイトではないですが、有志によるガイドもあり、多くの日本人にも利用されています。
オンライン対戦といえば最近ではiOSのアプリがレーティングシステムもあり、人気ですね。
世界選手権で7位入賞の日本チャンピオンもトップランカーの一人となっています。
しかしながら、iPhoneやiPadがないと当然遊べないというデメリットがあり、自分も以前はそうでした。
その点ではパソコンがあれば遊べるBSWにメリットがあるのかなと思います。
また、BSWは「部屋」をたてて参加者を募るスタイルで、対戦者以外の人も観戦をすることが出来るため、大会には向いているのかなと思います。
不自由な面(初期設定の手間、直感的でない操作性、時間制限なし、置き直しが出来ない、自動でマッチング出来ない等、)があるのは確かですが、上記のメリットを活かせば新たにカルカソンヌを楽しむ場も作れるのではないかと思います。
前置きが長くなりましたが、要すれば、
BSWを使ったオンライン大会をしたい






のです!
試しにツイッターでつぶやいてみたところ好意的な反応も見られたので、まずは一度やってみたいと思います。
以下、多分に予定は含みますが、概要です。(というか叩き台)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
BSWカルカソンヌ大会(霜月杯)
主催:ユキ(twitter:@snow_island)
開催日時:11月後半の週末、19時~22時(最大)
開催場所:BSW(マッチング等の連絡のため別途掲示板等を利用する可能性あり)
大会形式:トーナメント(勝ち上がりと負け下がりの2種類、それぞれ3位決定戦あり)
ルール:時間制限なし、その他日本選手権と同様(設定をofficialにする)
参加人数:最大8人
実施手順:
ツイッター等で告知し、事前に参加者を募集(アカウント名を確認)。
開始までに主催がマッチングとトーナメントを公表。
19時になったら諸注意を再度説明の上、各自BSW上に部屋を立てて対戦し、勝敗を主催に連絡。
2回戦以降もトーナメントに従い、各自3試合を行い、順位を決定する。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
要検討事項:
・相手と連絡がつかなくマッチングが出来ない、試合が長期離席して進行しない場合はどうするか →都度主催判断か?
・操作方法の説明はどの程度いるか
→今回はある程度操作に慣れた人を対象とする
・トーナメント表はどう作ろう→確かオンラインで作って公開できるサイトがあったような

http://challonge.com/ja/bswcarcassonne10kariこのサイトが使いやすそう。オンラインで公開して各自が編集できる。参加者に開始前にエントリーを求めることも可能。トーナメントの形式はダブルイリミネーション式も使えるが試合数が多くなるのが難点か。
参加希望(まだ正式じゃないけど)やご意見あればじゃんじゃん教えて欲しいです!
よろしくお願いします!
スポンサーサイト

カタンの投矢者たち(ダーツカタン)

わいあるど「ボドゲしたいし、ダーツもしたい」

青井しそ(あおじそ) 「ダーツの結果でアクションが変わるボドゲを作ろう」

ユキ「カタンのボードでダーツをして刺さったところの資源を獲得できることにしよう」

かわうそ「ダーツカタン、考えた。こんなところでどうだろう。」

地形。シングルの中と外は別資源。外は各資源4箇所ずつ。内は麦が6、木羊5、土鉄2。産出は木9、土6、麦10、羊9、鉄6となります。
darts catan

初期配置として通常のカタン初期配置と同じ手順で、開拓地とする数字を宣言していきます。同じ数字は宣言できません。20のうち8が初期配置で塞がります。

手番が来たら3投します。刺さったところに開拓地を持っている人が資源を受取ります。つまり、自分の開拓地に当てないと資源は出ません。

自分へのダブルの場合、内と外の両方の資源が1個ずつ受け取ります。トリプルの場合、外を2個、内を1個受け取ります。

他人の開拓地にダブルで当てると、全員が手札上限処理後、資源を1枚奪えます。産出は無し。トリプルは1枚+そこを盗賊としてCLOSEします。トリプルでは半減はしません。

誰も開拓地としていない数字に当たった場合、資源は出ませんがカウントアップ。3カウントで開拓地としてその数字をもらえます(クリケットだと思ってください)

盤面はあくまで資源の奪い合いになります。ポイントにはなりません。

自分の手番で3投終わったら建築フェイズです。プレイヤー間のトレードは通常通りです。

通常の建築と同じ資源を使って、駒を受け取ってください。最初は道2本、開拓地2個を持っているのも同じです。

道は全て一筆書きで建築されたものして街道王を争います。騎士の使い方も同じです。先に駒の得点を10点にした人が勝者になります。

序盤の妨害工作として海賊船があります。船材(木と羊)を払うことで、他人のカウントアップを1つ減らすことが出来ます。また、街道を建築し、駒を受け取る代わりに他人のカウントアップを1つ減らしてもかまいません。

海賊船や山賊により建築済みの開拓地を失わせることは出来ません。マイナスにも出来ません。

ブルに当てた場合、その手番の建築フェイズでは3:1港を持っている扱いになります。ダブルブルの場合、追加で専門港を1種類宣言できます。建築フェイズの最初、トレードを開始する前に種類を宣言してください。

かわうそ「以上、ざっと考えたルール。ダーツの上手い人たちでやった場合のゲームバランスがどうなるのかは知らん(ww」

追加。開拓地・都市を建築して駒を受け取らない/交換しない場合、任意の自分のカウントアップを1増やして良い。
1カウントの価値が矢なら1資源、妨害は2資源(任意)、建築は4,5資源(任意)となります

更に追加。このままでは開拓地を集中させることにメリットしか無いので。
生産の判定は、3投完了後に一括で処理する。
この時、同じ数字に2本、3本刺さっている場合、ダブル・トリプルとして扱う。(盗賊も出る)
プロフィール

ユキ

Author:ユキ
東京大学を卒業後、霞が関を数年うろうろした後、金融っぽいことしてます。東京→名古屋→福岡(現在)を転々としている転勤族です。どこでも仲間がみつけられる趣味が欲しいとボードゲームを始めました。最近は特にカルカソンヌに力を入れてます。その他に自転車旅行やポケモン、スパロボ、プリキュアあたりが趣味です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。