スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本選手権予選、開幕!

3月13日に東京の居酒屋ぺろ八でカルカソンヌの予選会が行われました。

この予選会は8月に行われるカルカソンヌ日本選手権の出場者を決めるもので、3~6月にかけて日本各地で開催されます。

公式HPリンク

そして、このぺろ八予選が今年第一回目、まさに日本選手権の開幕となります!


さて、少しこの予選会に臨む自分を振り返ると、何としてもこの予選会で突破したいという思いがありました。

何故この予選会?
名古屋の人がわざわざ東京に?
名古屋でも予選会が複数あるのに?


その理由の1つは年度内に突破したいというものです。

自分は転勤族(全国)で、この4月にも転勤の可能性がありました。

4月以降万が一予選会がない地域に転勤したら大変なので、まだ名古屋から参加できる東京に遠征したわけです。

(結局転勤はなかったです、一安心)


もう1つは「縁」のある場所で突破したいという理由です。

何としても日本選手権にもう一度挑戦したいという強い思いの一方で、こう考えるのは若干贅沢な気もしますが、

突破した予選会の看板を背負って(名札につけて)日本選手権本戦に出場するのですから、どうしてもそう思ってしまいます。

さて、この「ぺろ八」という居酒屋、カルカソンナーの間では聖地と言ってもいいぐらい有名になりつつあるお店です。

場所は、西東京の中神(青梅線)を降りてすぐの場所にあります。

食べログ

何故、聖地かというと、店のマスターは昨年の日本選手権6位、そして、常連のセンギアさんは日本選手権7位、他にも多くのカルカソンナーが集まり、連日連夜飲みながらカルカソンヌが行われるすごい環境なのです。

念のため申し添えると、ぺろ八はゲームバーやプレイスペースではありません。

美味しい料理と美味しいお酒、時にはライブも楽しめる素敵な居酒屋です。

こんな居酒屋が近所にあれば必ずいきつけにしたくなること請け合いです。

自分もカルカソンヌを通じて知ったこの居酒屋のすっかりファンになってしまい、名古屋に住んでいながら出張時に立ち寄るなど、かれこれ4回目の来店になり、縁を感じています。


さて、上記2つの理由から何とかこの予選で突破すべく、練習を重ねてきました。

土日に世界チャンピオンの望月さんが主催するメーカルの練習会に参加したり、平日夜にボドゲ仲間に実戦練習に付き合ってもらったり、仕事を休んで友人(カルフェスルーキーズ3位)のバーで練習したりもしました。

お付き合い頂いた望月さんやとびさん、あおじそさん、フレイさんには特に感謝してます。


さてさて、いざ決戦。当日です。

新幹線でびゅーんとやってきた自分が目にしたのはいつもと少し違う居酒屋ぺろ八でした。






開始時間となり、続々と関東の猛者が集まってきましたが、自然と心は穏やかでした。何となくホーム感があったからだと思います。

今回の予選会のルールは日本選手権同様に、スイスドロー(同勝率の人と当たる。勝ち続けると相手がどんどん強くなる)でしたが、一部だけ特殊です。

・同点の場合は後手勝ち。

・2名の本戦出場者選出基準において、勝利数の次に後手の回数が優先されるというものでした。

対して自分の戦略はとにかく先手をとれるだけとって勝率を上げることでした。

カルカソンヌは先手が強いという通説に従い、全勝するつもりでした。

さあ、いよいよ、ぺろ八予選の始まりです!

①キンさん
カルカソンヌが日本で最も熱い地域の1つ木更津からの参加者の方です。対戦するのは始めてだったので初戦の緊張感と合わせてドキドキでした。

じゃんけんで勝って先手をとり、その勢いのままうまいこと逃げ切って勝利。先行逃げ切りは得意かも。

⇒勝敗1-0(後手0)


②エムクボさん
早速当たってしまいました。ミープルズリーグ王座戦常連かつ日本で最も「カルカソンヌ」でエゴサーチしてる方(たぶん)です。

昨年の日本選手権で順位が近く、同じルーキーであったことから勝手にライバル視してます(そろそろ正式にライバル宣言ようかな?)。

じゃんけんで勝って先手をとり、序盤にがんがんリップを引いて先行したので、相手は草原や修道院で対抗してきましたが、スムーズに破壊が決まり草原戦でも優位に立つことができ、勝利。

事前に動画をみて組み立てた対策が思ったよりハマって良かったです。

⇒勝敗2-0(後手0)

③べっちんさん
ぺろ八四天王の一人。これまで来店したときはタイミングが合わず、結局今回が初でした。

じゃんけんで勝って先手をとりました。

なかなかに手堅く、随所に良い手があり苦戦しましたが、何とか勝利。

⇒勝敗3-0(後手0)


④石川さん
言わずと知れた歴戦の猛者。iosレートも2000超。iosで当たったことがあるくらいでたぶん実戦は初でした。

ちなみに昨年末のカルフェスでは石川さん率いる鬼カ島に破れているので、負けられない一番でした。

石川さんも先手を希望したのでじゃんけんで決めて後手。

試合は、序盤に1つ破壊された上、草原にも2つ先行されてしまい、劣勢。逆転の目を大都市完成+草原接続にかけたが、引けず完敗。まあ、引けていても勝てなかったので実力差をみせつけられた結果でした。うーん、悔しい。次こそは!

⇒勝敗3-1(後手1)


⑤たにさん
ミープルズの事務局長で王座戦の常連。あと着物がよく似合う。今思えば初めて対戦した名古屋外のプレイヤーはたにさんだったと思います。その時から何度か対戦しましたが、あまり勝ててないのでやや苦手意識。

後手が好き自ら志願されていましたが、こっちも後手勝利が必要な状況だったので、握りで決めて初の後手(あとから思えば素直に先手貰えばよかったかも)。

試合は一進一退の展開で結局6点差で負けてしまいました。

この試合悔やまれたのは、終盤相乗りの防御をした手は実は意味がない手で、別のところに打っていれば草原が広がって6点増えることに気づいたことです。(同点なら後手の勝ちです)

相手の自信満々の手につられたというか、残り時間もあったのに最後の最後でカウントをさぼり感覚で打ってしまいました。

これは今後の予選や日本選手権では絶対やらないようにしよう。

⇒勝敗3-2(後手2)


⑥どーけしさん
ラストです。実はこの時点で後手数が少ない自分の予選突破はないと分かっていたのですが、負けるわけにはいきません。

対戦相手のどーけしさんとは2、3回対戦して五分五分の戦績だったと思います。独特の雰囲気と思いきりのよい打ち方が特徴です。

じゃんけんで勝って後手をとれたのだったかな。

最後の最後までもつれ込んでラスト一枚を引き勝ちました。ひやひやでした。

⇒勝敗4-2(後手3)

これにて予選終了です。

優勝はエムクボさん、二位が石川さん、お二人とも5-1で後手数が順位を分けました。

ちなみに優勝者エムクボさんのブログです↓
ブログ

3位たにさん、4位岩村さん、5位自分、6位イクタさん、この4人は4-2で順位は後手数によるものです。




うーん、残念でした!

意気込みだけは参加者の中で一番だった自信がありますが、蓋を開けてみれば実力差がまじまじと出た感じでした。

実戦にまさる練習はないと思い、この悔しさをバネに再び予選会に挑戦したいと思います!

次はメーカル予選かな?





おまけ
戦いが終えれば和やかな二次会の開始です。というか、これが東京まできた目的の1つでもあります。

居酒屋ぺろ八の本領発揮です。

カルカソンナーが集まって、予選会の会場で飲んだり、ゲームしたり、楽しい以外の想像が出来ませんね!

ナンジャモンジャしたり、ギガミックしたり、人狼したり、カルカソンヌしたり、最高の一時でした。

楽しさと悔しさの余韻を噛み締めつつ自分は夜行バスで名古屋に帰りました。これにておしまい。






スポンサーサイト

所持ボドゲリスト(6/20時点) 

アクロティリ
アバブ&ビロウ
アルルの丘
アンドロイドネットランナー
ヴァイスロイ
カタン
かに将棋
カルカソンヌ
カルカソンヌJ
カルカソンヌJ塔拡張
キピット
キャット&チョコレート(ゾンビ)
グランドフロア
コールドウォー
コテージガーデン
コヨーテ
ジロデイタリア
スターレルムス
スルージエイジス
ゾンビカード
ダム(ドラフツ)
タルギ
タルギ拡張
中世の建築士
ツイクスト
ドゥードゥルシティー
ドキドキバランスゲーム サスペンド
ドミノ
トラム
トランプ、クリベッジボード
ナンジャモンジャ二種
ノイランド
BIRTH
バネストさんに貰ったゲーム
パカルのロケット
バックギャモン
パッチヒストリー
ビッグチーズ
マルコポーロの旅路
メガコーポ
モダンアート(中国)
ラミーキューブ
ローゼンケーニッヒ
プロフィール

ユキ

Author:ユキ
東京大学を卒業後、霞が関を数年うろうろした後、金融っぽいことしてます。東京→名古屋→福岡(現在)を転々としている転勤族です。どこでも仲間がみつけられる趣味が欲しいとボードゲームを始めました。最近は特にカルカソンヌに力を入れてます。その他に自転車旅行やポケモン、スパロボ、プリキュアあたりが趣味です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。