スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村のお祭り2015冬

「じゃあ、ちょっと村の祭りに行って来る」

そういって12月26日に僕は自宅を出ました。

目的地は、神奈川県の溝ノ口。

そこで、カルフェスという新しいカルカソンヌのイベントが行われました。



このイベントの背景等については主催者の皆様のブログを是非みていただきたいと思います!

<カルカソンヌTRAPS光一氏>
ブログリンク

<カルカソンヌミープルエムクボ氏>
ブログリンク①

ブログリンク②

ざっくりいえば、毎年夏に行われているカルカソンヌの日本選手権のオフシーズンにもイベントを行おう、競技カルカソンヌガチ勢以外にも楽しんでもらえるイベントを行おうというものです。


ご存じの通り自分は夏の日本選手権にも出たことがあり、どちらかといえばガチ勢だと思います。

今回のイベントに参加した主目的も、世界チャンピオンの望月さん率いる名古屋チーム(メーカル)のメンバーとして、強豪が集まる3対3にトーナメントに参加することでした。

そして、トーナメントの結果は予選リーグ敗退、個人的には1勝2敗と、残念な結果に終わってしまいました。



それでも!


「カルフェスは良いイベントだった!」

「カルフェスは楽しかった!」


と心から思います!




以前の記事にも書きましたが、私の妻はカルカソンヌに興味がありません。

というより、カルカソンヌな引き金となり、ボードゲームに興味がありません(苦笑)。

そんな妻からすれば、日本選手権や世界選手権の盛り上がりは所詮「村での出来事」に他なりません。

それは至極自然な反応なのですが、熱中してる身からすれば少し寂しい気持ちがするのも事実です。


「カルカソンヌはゲーム賞を受賞した世界で人気のゲームだ」

「カルカソンヌの世界チャンピオンは名古屋の人だ」

「日本選手権に優勝してドイツに連れていくよ」


色々な伝え方をしてみましたが、あまり響かないようです。



でも、今回のイベントは、少し違う受け止められ方をされたように思います。

「最年少参加者の小学5年生が選手宣誓をしてた」

「高校生と顧問の先生が部活動の一貫として参加していた」

「お笑い芸人や脱出ゲームのデザイナー、海外在住の人も含め、90名近くの人が集まった」

「大人が必死になってミープルを積みを競っていた」

「クイズ大会で賞品を逃した」


話したい、伝えたいと思えることがたくさんありました。

そして、そのたくさんの伝えたいことの多くはカルカソンヌに興味のない妻にも少しは身近に感じられることだったようです。


少しだけ「村」のイベントの枠を越えつつあったのではないかと思います。


その少しのために主催者の皆様がさいてくださった努力と想いはきっと計り知れないと思います。


心から感謝します。



自分は転勤族で、見知らぬ地でも人と繋がれる新しい趣味が欲しいと思い、ボードゲームを始めました。

その中で特に好きなったカルカソンヌを通じて、共に楽しめる人たちに出会えたことはこの1年の大きな収穫です。

来年もカルカソンヌやボードゲームを通じて、日々の楽しみと新たなる繋がりが得られるとよいなぁと思います。


来年も良いカルカソンヌを!



(写真これくらいしか残ってませんでした。上記ブログにはもっと写真があるので是非みてね!)



スポンサーサイト
プロフィール

ユキ

Author:ユキ
東京大学を卒業後、霞が関を数年うろうろした後、金融っぽいことしてます。東京→名古屋→福岡(現在)を転々としている転勤族です。どこでも仲間がみつけられる趣味が欲しいとボードゲームを始めました。最近は特にカルカソンヌに力を入れてます。その他に自転車旅行やポケモン、スパロボ、プリキュアあたりが趣味です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。