スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまゲー①(たまには別のゲームの記事も書いてみよう) CIVBG編

あれ、カルカソンヌじゃないの?というご指摘もありそうですが、たまには他のゲームのことも書いてみようと思います。


今回とりあげるのは、
「Sid Meier's Civilization: The Board Game」、
通称「CIVBG(シブビージー)」

です。


このゲームは人気PCゲームを題材にした超重量級(※)のゲームの1つで、プレイヤーはそれぞれ別の文明のリーダーとなり、都市を建設・成長させたり、新たな技術を研究したり、文化レベルを向上させたり、軍隊を整備したりしながら競って文明を発展させていきます。
(※先日プレイしたときは5人で7時間くらいかかりました笑)

自分がゲーム本体を持っているわけではないのですが、近所に自作の漫画を描いてしまうくらい熱狂的なプレイヤー(伝道師ともいう)がいるので、時々遊ぶ機会があります。

自分は未だ勝利はないひよっこプレイヤーではありますが、今回はこのゲームの勝利条件の1つである「経済的勝利」について考察してみます。

このゲームのルールや魅力に関する記述は省きますので、周りの偉大なる伝道師の皆さんから聞いてね!

(以下記載する内容の多くは攻略wikiの情報を参照しています。リンク


まず、このゲームの勝利条件は、①「軍事的勝利」、②「技術的勝利」、③「文化的勝利」、④「経済的勝利」の4つです。

■勝利条件
・「宇宙飛行」技術を研究する
・コインを15枚集めて経済規模を上限まで育てる
・文化点を支払って文化トラックを最後まで進める
・他プレイヤー1人の首都を征服する

この中で「経済的勝利」というのは、どうにも地味です。

他のプレイヤーの首都を陥落させる軍事的勝利のような派手さはなく、技術ピラミッドを積み上げてロケットを宇宙に飛ばす技術的勝利のようなロマンもなく、文化的勝利のように偉人カード文化カードを引きまくるワクワク感もない。

とにかく地道にコインを集めるのです。

さて、このコインは後述する様々な方法で集められるのですが、以下の3つの使い道があります。

■コインの使い道
① 投資活動を行うための資源
② 研究後に下がる商業点の下限値
③ 経済的勝利の条件

入手する難易度も高いですが、①の投資活動はとても強力なので、それに使いたいという欲求が多くのプレイヤーにとって、経済的勝利を敬遠する理由なのかもしれませんね。


では、経済的勝利の強み(メリット)と弱み(デメリット)は何でしょうか。私が考えるところ、以下の2つです。

■強み(メリット)
・その地味さゆえに目立たないので警戒されにくい  
(軍事的勝利や文化的勝利は共通ボード上で行われるので目につきます。技術的勝利も遠目でもピラミッドが積みあがっているのが見えてしまいます。)

・条件さえ整えば同一ターンに複数枚(5枚以上も可能)入手できる
(軍事的勝利は「移動フェイズ」、技術的勝利は「研究フェイズ」においてのみ勝利条件が満たされますが、経済的勝利は「ターン開始」「都市運営」「移動」「研究」のいずれでもコインを入手できるので一気に勝利条件が満たせます。)

■弱み(デメリット)
・直接的に妨害されやすい
(積み上げた技術ピラミッドが破壊されたり、進めた文化マーカーが後退させられたりすることはない一方、コインは直接的に減らされます。例えば、コインを持った建造物や偉人が都市ごと落とされたり、コインが算出する土地に軍隊を置かれたり、技術カード上のコインが奪われたりします。)

・勝利条件達成に向けた過程で得られる効果が小さい
(文化的勝利は強力な文化カードや偉人カードを入手でき、軍事的勝利は防衛のための戦力も同時に得られ、技術的勝利は強力な技術が使えるようになる一方で、上記コインの使い道②くらいしか基本的には得られる効果がありません。)


これらを踏まると経済的勝利を達成するには、
・なるべく目立たないようにコインを集める基盤と防衛手段を整え、
・終盤に一気にコインを集める

という流れが重要になると思われます。



さて、ここからは具体的に、コインを集める方法を記述します。並べてみると結構いろいろな方法で集めることが出来るのだなと感じられると思います。(【】はコインが入手できるタイミングです。)

1.技術
①4枚コイン系 
最大4枚のコインをおける系の技術はコイン収集の基盤となります。陶器は使いやすいのでこれを前提に資源を集めるとよいでしょう。法律は蛮族がうまく配置されているようであれば資源収集と同時並行で進められて効率がよいです。民主主義はコインを集めることで研究後に下がる商業点の下限値が上がるので毎ターン発動することも可能です。
(レベル1)
・陶器【都市運営】任意資源2つを払い、この技術の上にコインを1枚置く(最大4枚)
・法律【移動】1ターンに1回、戦闘に勝利したあと・・以下、同様
(レベル2)
・活版印刷【都市運営】1ターンに1回、都市運営中に5文化点を支払い、・・以下、同様
・民主主義【都市運営】1ターンに1回、都市運営中に6商業点を支払い、・・以下、同様
(レベル3)
・教育【都市運営】1ターンに1回、あなたが文化遺産を建造したとき、・・以下、同様

②1枚コイン系
研究すれば1枚のコインが自動でついてくる系の技術はコイン取集においては補完的ですが、技術そのものの効果をうまく使うとよいでしょう。特に官僚制はコインを得られる組織宗教への社会政策変更を可能とするためコイン2つ分の価値があります。
(レベル2)
・官吏【研究】スパイ1つを払い、文化イベント1つを無効化する。
・官僚制【研究】1ターンに1回、「研究」中に自分の社会政策1つを転換できる。
(レベル3)
・鉄道【研究】騎兵3解禁
(レベル4)
・コンピューター【研究】所持している5コインごとに、戦闘/文化手札上限は1枚ずつ増える。

④ 所持コイン系
所持している○コインごとに効果が発揮される系の技術は、直接コインが得られるものではないですが、コイン収集との強力なシナジーがあります。ただし、高いレベルの技術なので余裕があればでよいでしょう。
(レベル3)
・環境保護 持っている3コインごとに、文化レベルマーカーを進めるコストが1商業点減る。
・軍事学 あなたが持っている3コインごとに、各都市は追加で1生産点を生み出す。
(レベル4)
・コンピューター 所持している5コインごとに、戦闘/文化手札上限は1枚ずつ増える。


2.建造物
コインが得られるのは銀行のみです。得られる資源も多いので技術解禁後は速やかに建造したいものです。2都市に建造できるのが理想です。

・銀行【都市運営】商業点1、生産点1、文化点1、コイン1。限定建物(★印)。必要生産点:10 、解禁技術:銀行制度(レベル3)。

3.文化遺産
コインが得られるのはパナマ運河のみですが、上記のコインが得られる技術を研究しておけば獲得しやすいものもあります。序盤はピラミッド、終盤はインターネットがおすすめです。登場したら獲得しましょう。
① コイン獲得系
(近代)
・パナマ運河【ターン開始】必要生産点:25(20:工学)この文化遺産の上にコイントークンを1枚置く。

② 技術シナジー系
(古代)
・ピラミッド 必要生産点:15(10:陶器)。すべての政治体制を解禁する。あなたは「無政府状態」を無効化する。陳腐化した場合、本来解禁済みの政治体制のいずれかに戻す。
・アポロ神殿 必要生産点:15(10:法律)。あなたの敵は、あなたに手札を見せながらプレイしなければならない。
(中世)
・ノートルダム 必要生産点:20(15:教育)。技術を研究するとき、あなたは追加の6商業点を支払い、同レベル以下の2つ目の技術を学習することができる。
・ルーブル美術館 必要生産点:20(15:活版印刷)。3文化点を得る。
(近代)
・インターネット 必要生産点:25(15:コンピューター)。あなたの各技術の上に置くことができるコインの最大枚数は2枚ずつ増える。
・ビッグ・ベン 必要生産点:25(20:銀行制度)。市場から各種類の資源1つずつを得る。

4.文化イベント
コインを入手できるものはありません。一方、使われるとコインを失うものがあります。投資に充てていればさほど影響がありませんが、経済的勝利を目指す場合、注意が必要です。

■注意が必要な文化イベント(【】はコインが失われるタイミングです。)
(古代)
・偽金作り【ターン開始】 枚数2枚。他プレイヤー1人を選ぶ。そのプレイヤーはあなたが選んだコイントークン1枚をストックに戻す。投資マーカーを戻させることはできない。
(中世)
・不況【ターン開始】枚数1枚。他プレイヤーを2人まで選ぶ。それらのプレイヤーはあなたが選んだコイントークン1枚をストックに戻す。投資マーカーを戻させることはできない。
(近代)
銀行の不祥事【ターン開始】枚数1枚。あなた以外の全プレイヤーは、あなたが選んだコイントークン1枚をストックに戻す。投資マーカーを戻させることはできない

5.偉人
経済的勝利を目指す場合、文化マーカーを進めにくいので、3人入手するのが限度でしょう。コインを直接獲得できるものはアダム・スミスだけですが、3種類の偉人は、入手して都市に配置することでコインが獲得出来ます。コイン獲得に直接つながらなくても強力なので2人は獲得したいところです。
① マーカーを配置するとコインが獲得出来る偉人
・偉大な建築家/発明家【入手時】  コイン1、生産点2
・偉大な商人/探検家【入手時】 コイン1、文化点2、
・偉大な人道主義者【入手時】 コイン1、商業点1、生産点1、文化点1
② 1枚コイン系
(偉大な商人/探検家)
・アダム・スミス【入手時】コイン+1 ※マーカー配置時にも入手できるので計2枚
③ 所持コイン系
(偉大な商人/探検家)
・アンドリュー・カーネギー  都市運営フェイズ中、このカードを捨て札にし、持っている3コインごとに文化レベルマーカーを1スペース無料で進めることができる。
・ロレンツォ・デ・メディチ  ターン開始フェイズ中、持っている3コインごとに1文化点を得る。

6.マップ
マップ上からも都市を建設することでコインを獲得出来るので、コインがある場所は積極的に押さえにいきましょう。文明によっては初期配置でも獲得できます。
① 本拠地マップ
・アステカ【初期配置】コイン1
・スペイン【初期配置】コイン1
・日本【初期配置】コイン1
・ドイツ【初期配置】コイン1
② 中立マップ
・27枚中4枚のマップ【ターン開始】
・黄金の七都市【ターン開始】 ※森林マスですが、コインがあります。

7.政治体制
コインを獲得できるのは民主主義のみです。初期所持文明でなくても解禁技術はコイン獲得上必要になるので最終的には民主主義に政治体制を変更しましょう。陶器を使う上で必要な資源を入手できる封建制も有効です。
・民主主義【ターン開始or初期】コイン+1。ターン開始フェイズ中に2商業点を得る。
解禁技術:民主主義(レベルⅡ)、初期所持文明: ギリシャ。

8.社会思想
コインが獲得できるのは組織宗教のみです。序盤は、自然主教や平和主義で小屋の調査を進めたり、合理主義で必要な技術を研究したりして、終盤に官僚制で組織宗教に切り替えるのが奇襲性あってよいです。
・組織宗教【ターン開始or研究(官僚制の場合)】コイン+1。偉人を得るたびに、あなたは追加の偉人を1人引き、どちらか1人を保持してもう1人を捨て札にする。自然宗教と併用不可。

9.文明
最後に一番重要な文明です。能力でコインを得られる文明はありませんが、上述の初期マップでコインを獲得できる文明や資源の獲得がしやすい文明がよいでしょう。以下の文明になった場合は、経済的勝利を視野に入れてよいと思います。

経済的勝利を狙いやすい文明

日本(徳川)初期技術:騎士道、政治体制:封建制
初期配置でコインがあり、封建制で資源も集めやすい。加えて技術を研究するときのそのコストが3商業点少ないので、コインの効果と合わさって商業点には毎ターン余裕があります。経済的勝利に最も向いていると思います。

ギリシャ(アレクサンダー)初期技術:民主主義、政治体制:民主主義
そのターン中に初めて誰かが研究した技術を研究したあと、すべての商業点をダイヤルに残すことが出来ます。経済的勝利に必要な技術は選ばれにくいので、技術をどんどん研究し、余った商業点を最初から使える民主主義に回すことが出来ます。(まあ、素直に技術的勝利を目指したほうがよいかもしれませんが。)

アラブ(サラディン)初期技術:数学、政治体制:専制政治
市場にある各資源を1つずつ持ってゲームを開始することができ、何らかの理由で資源トークンを支払うたびに、2文化点を得るので陶器と相性がよいです。(まあ、素直に文化的勝利を狙った方がよいかもしれませんが。)

スペイン(イザベル)初期技術:航海術、政治体制:専制政治
初期配置でコインがあり、開拓隊を2個持ってゲームを開始し、移動速度も1マス増えるので資源を集めやすいです。序盤の加速が最強なので狙われやすいのには注意。

ズールー(シャカ)初期技術:畜産、政治体制:専制政治
戦闘することなしに蛮族の村を調査したり、小屋に隣接して都市を建設した場合、即座にそれらの小屋を調査したり出来るので、資源を集めやすいです。というか他に出来ることがない笑。その弱さ故に「目立たない」ことが経済的勝利と最も相性がよいように思います。

ギリシャ、アラブ、スペインは言わずと知れた強文明ですが、日本やズールーが入るのが特徴ですね。(アメリカも最初にランダムで入手した偉人が偉大な商人/探検家であれば狙ってもよいかもしれません。)。

10.経済的勝利の流れの一例
最後に、具体的な経済的な勝利までの道筋の例を挙げます。

文明:日本
政治体制:封建制(初期)⇒民主主義
社会思想:【本拠地】自然宗教⇒組織宗教、【第2都市】軍事的伝統、【第2都市】合理主義
技術:【レベル4】コンピューター【レベル3】鉄道、銀行制度、【レベル2】民主主義、官僚制、官吏、騎士道(初期)【レベル1】陶器、法律、農業

獲得コイン15枚=初期配置1、政治体制(民主主義)1、社会思想(組織宗教)1、コンピューター1、鉄道1、官僚制1、官吏1、民主主義3、陶器3、銀行(建造物)2。
※偉人や法律、中立マップのコインを獲得できた場合は、銀行やコンピューターを省略。



以上です。いかがでしょうか、経済的勝利を目指してみるのもアリだなと少しでも思っていただければ幸いです。しかしd、ゲーム同様CIVBGの記事は長くなってしまいますね。長文失礼しました。


スポンサーサイト

カルカソンヌ4コマ~ミープルさんの気持ち①~










まもなくドイツでカルカソンヌ世界選手権が行われますね!

望月さんと根岸さん、日本人お二人の活躍が楽しみです!

さらに年末にはカルフェスという新しいイベントがあります!公式サイト

日本選手権とはまた一味違うお祭り感が溢れるイベントですね♪

私は望月さん(世界チャンピオン)、おーのさん(日本選手権33位)と3人でチーム戦に出る予定です。

足を引っ張らないように頑張らねば!

(なのに何故下手な漫画を書いているのかという突っ込みはなしで!笑)

これからもカルカソンヌを楽しむぞー(*^^*)
プロフィール

ユキ

Author:ユキ
東京大学を卒業後、霞が関を数年うろうろした後、金融っぽいことしてます。東京→名古屋→福岡(現在)を転々としている転勤族です。どこでも仲間がみつけられる趣味が欲しいとボードゲームを始めました。最近は特にカルカソンヌに力を入れてます。その他に自転車旅行やポケモン、スパロボ、プリキュアあたりが趣味です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。