5/27ホビースペースアイン

博多駅から電車で約1時間、遥々やってきました北九州市。
目的地は八幡駅前にあるホビースペースアイン。
そうです、カルカソンヌ日本選手権の予選会が開催される場所です!
気が早ってしまったのか、受付開始の1時間前には駅に着いていました。

何故か南国風の街道が伸びる八幡駅前、コンビニでご飯を食べつつぶらぶら。
そして、13時。
いざ出陣と思い、ツイッターをみたらこんなツイートが、

・・・・ん?
カルカソンヌの練習?本番じゃなくて?
嫌な予感がして公式ホームページをみたら案の定、

予選会は明日だった!
残念なことこの上ないのですが、せっかくなので店内に入店。
気恥ずかしながら店長さんにご挨拶の上、遊んで帰ることにしました!



店内はこんな感じです。ボードゲームやTCG以外にミニ四駆やベイブレードでも遊べるのが印象的でした。
料金は1時間500円、フリータイムで1000円というお値段。
しばらくは他にお客さんがいなかったので棚にあった放課後さいころ倶楽部を6巻まで読了しました!

中道先生は一昨年の日本選手権でお見かけしており、漫画も気になっていたのですが、意外とこれまで読んでなかったのですよねぇ
ちょうど6巻の最後のカルカソンヌの話を読んだところでお客さんが増えてきたので一戦だけボードゲームもしました
遊んだゲーム
アイルオブスカイ(スカイアイランド)


初プレイ。タイルを配置して自分の領土を広げて点数を競うゲーム。
全員がタイルを三枚引いてそれらに値付けをした後、お互いに購入(しなくてもよい)。自分のタイルが購入されたら付けた値段分のお金が貰え、購入されなかったら自ら購入する。その後タイルをカルカソンヌのように配置して点数計算。
競りゲームは苦手だけど、タイルを配置して盤面を作っていく感覚はカルカソンヌで養ってきたので一位になれました。
割と周りでも評判が良く、いつかやりたいと思っていたのですが、確かに面白い。
そこまで難しいルールでもないし、時間もインスト込み1時間弱なので、軽ゲーからボドゲに入った人のネクストゲームにはオススメかな(宝石の煌めきやイムホテップ)くらいの感覚。
晩飯の時間も近づいてきたのでこれにて撤収。
ホビースペースアインさん、同卓された皆様、どうもありがとうございました。










また明日来るよ!!!笑



スポンサーサイト

5/21鳥栖ボードゲーム交流会

鳥栖ボードゲーム交流会
初参加でした。今回が第9回とのことです。

開催時間は朝9-17時と早めの時間ですが、翌日が仕事なのでちょうど良かったです。

ちなみに会の終了後は久留米市にある人狼ベース(HP)にて、二次会(ボドゲ)がありました。時間があれば覗いてみたかったですね

image31.jpg


場所
開場は佐賀県鳥栖市にあるサンメッセ鳥栖です。鳥栖駅の目の前になります。

実は人生初の佐賀県です。

日帰りのボドゲ会で県境を越えてしまいましたが、博多駅から電車で30分くらいですし、同じ福岡県の久留米市より近いという不思議な立地です。

ちなみに会場は素敵な和室でした。

11.jpg

image21.jpg

Inkedimage1_LI.jpg

eee.jpg


主催
主催はととろさん(@doggydogpuppy)とぐっちさん(@Pr5XIK9EvHBFm2T)のお二人。

他のゲーム会でもよくお見掛けする方々なので安心して参加することが出来ました。

お二人とも和服姿で会場ともよくマッチしていました。和服ボドゲいいね!


遊んだゲーム
ゴビット(アングリーバード版)
初プレイ。ケンビルさんのご紹介でした。

順番に目の前のカードの山をめくって素早く相手のカードをとったり、自分のカードを守ったりします

基本ルールだけなら頭は着いていきましたが、手が追い付かない。。

これが年波というやつか。。。

いいゲームだと思います。元のゴビットも気になりますね

imagqe2.jpg


マルコポーロの足跡
自分は持っていないですが、名古屋ではよく遊んでいたゲームの1つ。持ち込んでくださったガッツマンさんとは以前お会いしたときから「マルコポーロやりたい!」と意気投合しており、満を持してのプレイ。

同卓されたお二人は初めてとのことでしたので、インスト込みで大体2時間半くらいだったかな

私は今回、おこぼれマン、他は黒商館マンと後のせ無料マンとダイス振らないマンでした(・・・持ってないから正式なキャラの名前覚えてない笑)

結果は、74点で1位でした。比較的相手のキャラがボードの資源獲得アクションに行きやすいので、契約をがんがん達成できました。ついでの目的地が全て達成できたのはラッキーでしたね。

しかし何度やってもこのゲームは面白い!

オンラインでも遊べますので本体を持っていない方も是非やりましょう!
(オンラインプレイはこちら⇒Yucata。遊び方が知りたい方は気軽に聞いてくださいね)

ddd.jpg


アグリコラ(リバイズドエディション)
旧版(?)はマルコーポ同様によくプレイしていたのですが、こちらは初プレイ。

今回は4人プレイでしたが、お一人は旧版含め初めてとのことだったので私がインストしてみました。

初めてのインストでしたが、問題なく最後まで楽しんでいただけたようで良かったです(ちょっとドキドキ)。

ちなみにドラフトはなし。

結果は52点で1位。リバイズドだと高いのか低いのかよく分かりませんが、結構ミスをしながらもカードボーナスで24点稼いだのが良かったです。

噂に聞いていたとおり飯がきつくなかったのと職業カードの強さが底上げされて、こっちの方が万人受けしそうな印象でした。

dddd.jpg

qqq.jpg

Inkeddd_LI.jpg



今日はこれにて終了!主催のお二人、同卓してくださった皆様どうもありがとうございました!

ちなみに最後はサシゲー会の告知もさせていただきました!

詳しくはこちら!!⇒第0回博多サシゲー会

他県でも鳥栖くらいまでは顔を出していきますので、今後とも皆さまよろしくお願いします。




5/13リブラボボードゲームナイト

リブラボボードゲームナイト
初参加でした。隔月くらいで開催しているそうです。
元々は身内でやっていたのを拡大したとか何とか。
会の名前のとおり開催時間は15時から23時と遅めの時間です。
また参加費1000円は公共施設を使ったオープン会と比べると高めですが、ドリンクサーバーのフリードリンクもついていますし、長い時間いられますので妥当なところと思いますね。
今回妻の許しが得られたのでほぼラストまで参加させてもらいました。
1.jpg
場所
開場は福岡市中央区のリブラボ(ホームページ)です。
普段はライブとかが行わるようなお洒落な会場です。
県内随一の歓楽街である天神駅からほど近く、私の場合は家から自転車で行ける距離でした。
ただ駐車場や駐輪場は会場にないので近くで探す必要があります。
2.jpg
4.jpg
3.jpg
主催者
主催は思いのほかゆるい平さん(Twitter@LivLaBodoge)。
あまり他のゲーム会には顔を出さないとのころですが、結構なゲーム持ち込み量でインストも上手でした。
献身的に運営とインストに回っており、同卓できなかったのが少し残念。(主催中は卓には入らないのかな?)
遊んだゲーム
リカーリング
初プレイ。割と評判がまわりでよく気になっていたのでやれて良かった。
ルールは割とシンプル。
出されたカードより小さな数字かより多くの枚数の組を出して手札をなくしていくゲーム。
特徴的なのはカードを出したらおかれていたカードを手札に戻すこととカードの枚数は数字の枚数と同じで同数ではないということかな。
2回遊んで2回とも一位にはなれず、思ったより悩ましい!でも面白いね!

コテージガーデン
持参インスト。転勤前にバネストに挨拶がてら寄った際に購入したゲーム。
ゲーム自体は完全なアブストラクトかつ大きな逆転要素もないので単調な印象。
でも、デザインが最高。特に猫。
私以外全員初めてだったけど、みんな花壇が完成するたびに写真をとっていました。
うん、持ってて損はないゲームですね。
事前に次の手を考えられるように出来ているのでダウンタイムがそこまで多くないのもグッド。

LCRダイス
持参インスト。もう説明は不要ですかね。
名古屋では知名度が高いけどこっちでは全然知られていない笑

ドブル
これも説明不要かな。時間つぶしにちょうどよい。
遊んだのはアツアツポテト。というかこれしか知らない笑

イムホテップ
初プレイ。これも評判がよくて気になっていたゲーム。
船に石材を積んでピラミッドやオベリスクの建設現場に運び、得点を競うゲーム。
思ってたよりシンプル!
手番に出来ることは限られているし、情報はオープンなのでサクサク進む。
これは1時間くらいで遊ぶにはちょうどいいし、石材のコマが割と大きくてしっかりしているのでボドゲしてる感もある。
宝石の煌めきと同じくらいおすすめできるな。欲しい。


キルDr.ラッキーカードゲーム
初プレイ。キルDr.ラッキーというゲームのカードゲーム版。
手元にある二人の人物に動機、凶器、機会のカードをセットして殺傷能力を高め、ほかのプレイヤーの妨害をかいくぐってDr.ラッキーを殺害できたら勝ちというゲーム。
テーマはえげつないが、やっることは割と簡単。
みんながちゃくちゃくと能力を高めるなか、ほぼ毎回殺害を試みては失敗する狂人プレイをしてみたが、意外と最後勝利に近づいたので躊躇をしすぎない方がいいね。
やりたいことやったので楽しかった。
image7.jpg
image8.jpg
アグリコラ
通常版を3人プレイ。主催の平さんと近しい方お二人がアグリコラをやりたいとのことでしたが、他にルールを知っている人がいなかったので3グリになりました。
3グリはすごく久しぶり(2回目?)だったので、何が緩くて何が辛いか覚えてなかったけど、とりあえず適当にドラフトしてプレイ。
結果は43点で一位の52点には遠く及ばず、初手ピックしたイチゴ集めが活躍したけど、飯基盤準備がやや遅く、最後改築も事故った。。
アグリは名古屋ではメジャーなゲームの1つで、自分もそこそこやったけど周りが強すぎて全然勝てなかったのよねえ。
久しぶりにやったらとても楽しかったのでまたやりたいな。5グリしたい!
image9.jpg
image10.jpgちょうど時間もよかったのでこれにて帰宅、23時近かったけど、天神はにぎやかでした。
主催の思いのほかゆるい平さん、同卓していただいた皆様ありがとうございました。
全体的にはあまりボドゲ慣れしていない方が多かった印象ですが、私含め普段からボドゲをしている方も参加されているのでお洒落な会場でゆったりゲームするにはよいですね。また参加したいな。

クイズトリックテイキング考察

『クイズワーカープレイスメント』(以下、クイズワカプレ)という同人ボードゲーム(クイズゲーム)があります。

詳細はこちら(公式ルール)を見ていただいた方が話が早いと思いますが、

私自身は所有していないものの、名古屋クイズボドゲ勢(※)の中では結構好評のゲームでした。
※名古屋の一部のボードゲーマーの中では早押しなどのクイズが流行っており、許されたボドゲ会に早押しボタンを持ち込んでクイズをしています。

私見ですが、クイズワカプレはワーカープレイスメントゲームの最低限の要素である「ワーカーをおいて排他的にアクションを決める」というシステムをクイズに盛り込んだゲームです。

アクションといってもあくまで解答順を決めるものであり、出題者になることもアクションの1つとなっています。

ただし勝敗はあくまでクイズ力で決まるため、ボードゲームというよりかはクイズの形式の一種といえるのではないかと思います。

クイズとしては、1)多答問題のみ、2)出題者は交代制、3)正解時の得点が解答順などによって変わる、などの特徴があります。



ところで、先日ツイッターのTLに「クイズトリックテイキング」(以下、クイズトリテ)というワードを拝見しました。

そして、ワーカープレイスメントとクイズが結びつくなら、同じボードゲーム(トランプゲーム)の主要なシステムの1つであるトリックテイキングとも結びつくのではないか、

クイズワカプレをリスペクトしつつ、勢いで考えてみたというのが本記事の経緯です。

さて、ワーカープレイスメントでいう「ワーカーをおいて排他的にアクションを決める」という要素と同様に、トリックテイキングにとっての最低限の要素は何でしょうか。

個人的には、「小さなゲーム(トリック)を繰り返し、最終的にゲーム全体の勝敗を決める」というシステムではないかと思います。

また最もシンプルなトリックテイキングのルールを参照すると、「マストフォロー」かつ「切り札なし(ノー・トランプ)」が挙げられています。

これらを踏まえて考えてみたクイズトリテのルールは以下の通りです。



プレイ人数:3-4人
準備:クイズワカプレとトランプ1セット用意します。クイズカードの山札を作り、手札(トランプ)をプレイヤーに配ります(配りきり)。任意の方法でスタートプレイヤー(以下、スタP)を決めます。

①スタPはクイズカードの山札をめくり、今回の問題のジャンルを開示します(表面に記載)。続いて配られた手札から、
⑴カードを1枚表向きに出して1枚目のカード(リードスート)とするか、
⑵カードを裏向きに出して出題者となるか
を選びます。

②以降のプレイヤーはマストフォロールールに従い、手札からカードを出します。ただし、先のプレイヤーがまだ出題者となっていなければ出題者となることも同様に選択可能です。最後のプレイヤーまで出題者がいない場合、最後のプレイヤーは強制的に出題者となります。

③すべてのプレイヤーがカードを出したのちに、出題者はクイズカード(裏面に記載)をみて出題をします。プレイヤーの解答順はカードのランク(数字)が小さい順となります。同ランクの場合、リードスートが優先されます。リードスート以外で同ランクの場合はスタPに時計周りで近いプレイヤーが優先されます。

④解答順の回ってきたプレイヤーは1つだけ解答をします。マストフォローが出来ず、リードスート以外のカードを出したプレイヤーにも解答権はありますが、以降の得点計算には参加できません。最後のプレイヤーだけは好きなだけ解答しても構いません。ただし、途中で間違えた場合はそこで不正解となり、それまでの正解は得点になりません。

⑤得点計算はクイズワーカープレイスメントに準じます。(例えば、後の正解者は前の正解者の数だけ得点が加算される、出題者は誤答の数だけ得点が入る、最後の解答者は解答数だけ得点が入る等)。

⑥その後、先ほどの出題者が次のスタPとなり、同様にゲームを繰り返していきます。全ての手札を使いきったらゲーム終了です。最終的に得点が多いプレイヤーが勝者となります。





・・・・あれ、これトリテじゃなくない?

自分で定義したトリテの要素を網羅してなくない?



うーん、クイズワカプレの完成度には遠く及ばないなあ。

まあ、いいや!(諦め!)



とりあえずクイズがしたくなってきました笑

もしも、福岡のボードゲーマーの中で早押しクイズに興味がある方がいらっしゃれば一緒に遊びましょう!

一応、簡易な早押しボタンと問題集ならあります。一度、早押しクイズに正解すると癖になりますよ。

クイズとボドゲはどちらも人が集まらないと出来ない遊びではありますが、もっとカジュアルに色々なところで遊べるとよいなと思います。

5/4エクスプローラーズ

GWもボドゲするよ!
今日はエクスプローラーズに初参加しました。
エクスプローラーズ
ホームページ隔月行われているようです。時間は13~20時と少し短かめの開催。写真撮り忘れてしまったけど、持ち込んだボドゲを並べるのではなく、ホワイトボードにタイトルと人数を書いておく(軽ゲーと中重ゲーに分けた上で)のが斬新でした。箱見て選ぶのは出来ないけど、一目で探せてよいですね。





場所:博多市民センター
博多駅から南東に向かったところにある公共施設。比較的市内中心部にあるけど博多駅から歩くと20分くらいなのでバスか自家用車がよいかも。今日は和室でしたが、人数に対してやや手狭だった印象。












主催者
セイリュウさん(‪@8TSr6wxz8NKe4zh ‬)、TRPGもお好きなようです。

遊んだゲーム
ネフェルティティ

2回目のプレイ。先日のボドゲラボでプレイしたばかりですが、リピート大好きゲーマーとしては俄然ウェルカムです。今回は3人プレイだったのでお互い牽制しあって割と均等に分散した結果大きな差がつかなかった印象。結果は2位。価格付けが自由過ぎる競ゲーは苦手だけど、ラーとかこれみたいにある程度価格付けの枠が決まった競ゲーなら好みかな。良いゲーム。




ユークロニア
写真撮り忘れたので適当な画像をw


持ち込みインスト。資源を集めて建物を建設していく拡大再生産?的なゲーム。小さめの箱ながら60分くらいしっかり遊べるので重宝している。独特の用語には慣れる必要があるけど個人ボードゲームに割としっかりルールが書いてあるので個人的には説明しやすい部類だと思ってます。I can speek チャデク語。
結果は2位でした。




犯人は踊る

2回目のプレイ。鍋野企画さんのゲーム。同人ゲームの中では割と見かけることが多い気がする。配られたカードの効果を使いながら探偵は犯人を見つければ、犯人は最後までバレずにカードを保持できれば、そして犬は犯人を倒せば?勝利できる。簡単なルールのはずなのに2回も途中で手札の枚数がおかしくなる事件が起こり迷宮入りしましたw




カードオブデッド

2回目のプレイ。自分も持ってるけど普通のゲーム会でこれが立つのかとちょっと驚き。ゲーム内容は割と運要素が大きくパーティー寄りなんだけど、イラストが割とグロいので遊ばれにくいかなと思ってました。持ち込まれた方はゾンビ好きなのだろうか。世界観とルールはよく合ってるね。

その後、今日は晩御飯を作るために早めの離脱。
主催のセイリュウさん、同卓してくださった皆さま、本日はありがとうございました。
実は会場が徒歩圏内で超近いので今後も参加したいと思います。
追伸
そういえば同卓した方からボードゲームフェスタのお話を伺いました。
HP
ボードゲームにこれまで馴染みのない方への体験の場を主としたファンイベント(四回目)で今年は中古ゲームの販売もあるとかないとか。
見知ったところだと、コンセプトはファミリーゲームフェスティバルに近いけど、ボランティア中心の運営なのでカルフェスに近い感じかなのかな。
運営側は負担が多そうなので参加者側として覗いてみるとしよう。
プロフィール

ユキ

Author:ユキ
東京大学を卒業後、霞が関を数年うろうろした後、金融っぽいことしてます。名古屋在住ですが、転勤族なのでどこでも仲間がみつけられる趣味が欲しいとボードゲームを始めました。最近は特にカルカソンヌに力を入れており、8月の日本選手権にも出場します。その他に自転車旅行やポケモン、スパロボ、プリキュアあたりが趣味です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR