2/11第3回博多サシゲー会

開催報告
今回は、いつもの博多市民センターでしたが、
会場は一番大きな視聴覚室を使い、昼から夜の開催でした。
ツイプラリンク
今回は延べ12人の方にご参加いただきました。
毎回初めて参加していただける方もおり、うれしい限りです。
皆さま、どうもありがとうございました。ちょっと変わった会ですが、今後ともよろしくお願いいたします。
会計報告
<前回より繰越>
550円
<支出>
5,150円・・会場利用料(視聴覚室、13~21時)
<収入>
3,600円・・会費300円×12名
<次回へ繰越>
▲1,000円
ついに赤字が出てしまいました。
理由は、会場が必要以上に広い会場しか空いていなく、時間も午後からしか空いていなかったためです。
(参考:視聴覚室(70人)9-17時4,000円、13-21時5,150円/第2会議室(56人)9-17時3,200円、13-21時4,100円)
安定して長く会を続けていくためには、黒字を維持することが大事だと考えています。
過去3回の参加人数の平均が13人であり、会費が300円であることを踏まえると、
やはり第2会議室9-17時を確保するか、会費を500円に値上げするのがよいのかなと思っています。
とりあえずは前者の方法で頑張ってみようと思います。
今後の予定
次回開催は、5月を予定しています。
隔月での開催を考えておりましたが、
4月に上記会場が空いていないことやカルカソンヌ関係のイベントが増えることを勘案しての予定です。
少し先になってしまいますが、皆さんぜひ遊びたいサシゲーを蓄えておいてくださいませ(^ ^)
プレイ中の様子















スポンサーサイト

経営資源からみるボドゲビジネス

明けましておめでとうございます。
昨年あまり活用出来てなかったので今年はブログの方もなるべく使っていこうと思います。
さて、突然ですが、経営者って何でしょうか?
仕事柄色々な経営者の方にお会いする機会があるのですが、店長として雇われ、長年勤めていたベテランの方がいざ自分の店を持って独立したとしても上手くいかないことがあります。
そういうとき、雇われ店長と経営者って何が違うのかなと考えたりします。
自分なりに考えてみた今の結論としては、
雇われ店長は与えられた経営資源を活用し、売上などの営業目標の達成する存在
経営者は経営資源そのものを生み出し、増大させていく存在
というところです。
ここで、経営資源という言葉を使いましたが、一般的には、ヒト、モノ、カネ、さらにノウハウと言われるものです。
与えられた人員、店舗・設備、予算、決められた手順の中で仕事をする雇われ店長に対して、経営者は人員の雇用・育成、店舗の改装、設備の購入、資金の賃借、蓄積、マニュアルの整備などを行う必要があります。
話をボードゲームビジネスの話に移します。
ボードゲーム好きの方であればそれを仕事にしてみたいという思う方もいるかと思いますし、既に仕事にしている方も少数ながらいると思います。
どんなビジネスが世の中にあるのかはいつかブログか同人誌にでもまとめてみたいなあとは思いますが、分かりやすいところで最近流行りのボドゲカフェを例に出します。
ボドゲが好きだ!
ボドゲカフェを開こう!
さて、何を準備すれば良いでしょうか?
ここで、先ほどの経営資源の話を踏まえるとだいぶイメージが具体化すると思います。それぞれについて経営資源がある例とない例を比べてみましょう。
①ヒト
ある例:妻が従業員として勤めてくれる、ボドゲに詳しい友人がバイトをしてくれる
ない例:従業員はこれから求人サイトで探す
②モノ
ある例:空きテナントを親が所有している、店に置けるようなボードゲームを100個持っている
ない例:物件は賃貸予定でこれから探す
③カネ
ある例:働いて貯めた預金が300万円ある、親から当面返済不要で資金を借りられる
ない例:全額銀行から借りる
④ノウハウ
ある例:ボードゲームショップに長年勤めていた、飲食店で店長をしていた
ない例:ボドゲが好き!以上!
経営者となるにあたって経営資源は多いに越したことはありません。
しかし、全てを最初から揃えるのは容易ではないでしょうし、そのために時間を要し続けては真にやりたいことをやれる時間がなくなってしまいます。
個人的にはこのうちどれか2つは準備してもらいたい(ゼロで始めるのは論外)と思いますが、あとは経営の中で資源を蓄積、増大させていくと良いと思います。
既にボドゲビジネスをされている方も、これから始めようとされる方も、経営資源の観点から検討されることをお勧めします。
とりとめのない話ですが、以上です。この手の話に興味のある方は飲みながらでも一緒に議論しましょう笑
今年もよろしくお願いいたします。

開催告知:博多サシゲー会

以下の通りサシゲー会の開催を致します。いつもと時間場所等が異なるためご注意ください。
詳細はツイプラを参照ください。
日 時:平成29年12月2日(土)11時00分~19時00分
場 所:中洲ギルドバー
ツイプラリンク
※こぼれ話
今回もいつもの市民センターを抑えようとしたのですが、うっかり予約開始を見逃してしまいました。。
そこで、普段親交のあるギルドバー様に相談をしたら特別に使わせていただけることになったという経緯です。
これでも破格の対応を頂いているのですが、通常の営業時間外に会場を貸し切りにするため参加費はいつもより高くなっています。(割引きもなし)
なお、参加者が集まらず不足する分は会のプール金より支出する予定です。こういう時のために貯めているようなものですね。会計報告はしっかり致します。
なお、今回はギルドバー様にとっても試験的で特別な対応のようですので、今後の前例にはならないかなと思います。
いずれにせよ有難い限りなことには変わりないですね。感謝。

4/30久留米ボドゲ会

今日は少し離れた久留米ボードゲーム会に初参加しました。
久留米ボドゲ会
ホームページ。ボードゲームカレンダーで見つけて参加。毎月久留米市で行われているようです。時間は13~21時と少し遅めの開催。








場所:久留米シティプラザ
市街地にありながら広々としていてとても綺麗な会場でした。街中なので飲食に困らないのもグッド。














ケンビルさん持ち込みのゲームが大量に、さすがだw
ちなみに九州の方でないとなかなか距離感が分からないかと思いますが、福岡市と久留米市は結構遠いです。福岡市から約40キロあり、日曜日だったので今回は自転車を諦めて福岡空港発の高速バスを使いました。日帰りで行くボドゲ会の交通手段じゃないなw
でも、うちから空港は10分だし、会場はバス停前なのでドアツードアで90分くらい。往復切符を使えば2,210円なので意外とリーズナブル。月一ならありですね。









主催者
ケンビルさん(@tg_kb ‬)、ボードゲームショップや同人ゲーム製作をやってらっしゃる方です。メジャーなゲームからマニアックな輸入ゲームも取り扱っており、通販では結構お世話になってる方もいるのではないかと思います。
オンラインショップ

遊んだゲーム
チャオチャオ

初プレイ。ダイスを振って出た数字の分だけ進むすごろくに近いゲームだけど、ダイスには56がなく、代わりにバツ印があり、バツ印が出たら嘘の数字を言う。バツ印が出なくても嘘をついてもよい(1が出たのに4というとか)。嘘がバレたらチャオチャオ(橋から落とされるw)という感じのブラフゲーム。手軽で結構メジャーなんだけど何気に初だったな。うん、良ゲーム。そしてビリ笑

LCRダイス

持ち込みインスト。名古屋では割と定番な人気ゲームが福岡でもついに解禁!(プレゼントしてくれたREIさんに感謝!)
大人から子供まで楽しめる簡単なルールながら最後まで勝敗が分からない緊迫感がすごい!それ以上の何者でもないのがさらにすごい!
…詳しくは書きませんが、気になる方は寛大な心と高いテンションを用意して私までお声かけください笑

クラブズ

初プレイ。ケンビルさんオススメの多人数アブストラクト。1~3の数字が書かれた大中小のカニを移動させて重ねていく。数字が大きいほど移動力があるけど、自分より小さな数字の上には重ねられない。そしてカニが孤立して島ができると小さい島が流される。最後まで生き残れば勝ち。見た目は可愛いがこれはガチゲーだw面白いなあ、欲しい。

ドクムス


初プレイ。未開の土地にある神殿の周りに開拓者コマを配置して得点を競うゲーム。土地のタイルを回転させたり、ずらしたりする守護神のカードを毎回ドラフトしながら3コずつ配置していく。なかなか渋いゲームだけど隊列を組んで冒険してる感じがテーマに合っていて良い。二位だったのでまたリベンジしたいゲーム。

ツイクスト

持ち込みインスト。名作2人用アブストラクト。ちょうど2人浮いたので提案してみたら「ルールは知ってるけどやったことがない」「本体欲しいけど手に入らないんですよね」とお誂え向きのお声を頂きました。
そう、私の前任地、名古屋といえば日本ツイクスト協会の本拠地です(知らない方は検索してみてね)
引っ越しに際して名誉会員の称号を頂いたので早速普及活動をしちゃいました。
拙いインスト&プレイでしたが、このゲームの奥深さと楽しさが伝わったようで何より。今後も持ち込もう。


コリドール

こちらも名作2人用ゲーム。うっかり写真は撮り忘れたけど、コマと板というシンプルな作りながら一手一手がとても重要なアブストラクトゲーム。木の質感もよい。何気にミニじゃないのをやったのは初めてですね。男の書斎に欲しい一品。

キングドミノ

初プレイ。最近ツイッターなどでよく見かける人気ゲーム。2種類の地形の書かれたタイルを繋げて5×5の範囲に収まる領土を築き、得点を競うゲーム。思ってたよりさくさく進むし、見た目も可愛いからこれは初級者向けにはうってつけだな。1戦目はビギナーズラックで50点超えて一位だったけど、2戦目は30点くらい。うーん、難しいね!またやりたい。

このあたりでバスの時間となったので離脱。主催の方の温和な雰囲気がそのまま顕われたような素敵なゲーム会でした。
あと個人的に嬉しかったのは前回のボドゲ会でカルカソンヌをインストさせて頂いた方が早速購入したと報告してくれて、かつ今日別の方にインストされていたこと。ボドゲの輪が広がっていく感じ、いいよね。
主催のケンビルさん、同卓してくださった皆さま、本日はありがとうございました。
場所は遠いけどまた参加したいなと思います。

BSWでカルってみたい

8月の日本選手権、10月の世界選手権が終わり、今年のカルカソンヌ的なイベントは12月のカルフェスを残すのみとなった今日この頃。
少し世間のカルカソンヌ熱が落ち着いてきたような気がしますね
自分自身もしばらく仕事以外にやらないといけないことが山積みでiOSを時々触るくらいになってました。
カルフェスには所用で出られなく、至極残念ですが、盛り上げには積極的に協力していきたいなと思います!
さて、昨年の日本選手権では初のオンライン予選、BSW予選がありました。
BSWというのはオンラインで各種ボードゲームが出来るPCサイトです。
日本のサイトではないですが、有志によるガイドもあり、多くの日本人にも利用されています。
オンライン対戦といえば最近ではiOSのアプリがレーティングシステムもあり、人気ですね。
世界選手権で7位入賞の日本チャンピオンもトップランカーの一人となっています。
しかしながら、iPhoneやiPadがないと当然遊べないというデメリットがあり、自分も以前はそうでした。
その点ではパソコンがあれば遊べるBSWにメリットがあるのかなと思います。
また、BSWは「部屋」をたてて参加者を募るスタイルで、対戦者以外の人も観戦をすることが出来るため、大会には向いているのかなと思います。
不自由な面(初期設定の手間、直感的でない操作性、時間制限なし、置き直しが出来ない、自動でマッチング出来ない等、)があるのは確かですが、上記のメリットを活かせば新たにカルカソンヌを楽しむ場も作れるのではないかと思います。
前置きが長くなりましたが、要すれば、
BSWを使ったオンライン大会をしたい






のです!
試しにツイッターでつぶやいてみたところ好意的な反応も見られたので、まずは一度やってみたいと思います。
以下、多分に予定は含みますが、概要です。(というか叩き台)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
BSWカルカソンヌ大会(霜月杯)
主催:ユキ(twitter:@snow_island)
開催日時:11月後半の週末、19時~22時(最大)
開催場所:BSW(マッチング等の連絡のため別途掲示板等を利用する可能性あり)
大会形式:トーナメント(勝ち上がりと負け下がりの2種類、それぞれ3位決定戦あり)
ルール:時間制限なし、その他日本選手権と同様(設定をofficialにする)
参加人数:最大8人
実施手順:
ツイッター等で告知し、事前に参加者を募集(アカウント名を確認)。
開始までに主催がマッチングとトーナメントを公表。
19時になったら諸注意を再度説明の上、各自BSW上に部屋を立てて対戦し、勝敗を主催に連絡。
2回戦以降もトーナメントに従い、各自3試合を行い、順位を決定する。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
要検討事項:
・相手と連絡がつかなくマッチングが出来ない、試合が長期離席して進行しない場合はどうするか →都度主催判断か?
・操作方法の説明はどの程度いるか
→今回はある程度操作に慣れた人を対象とする
・トーナメント表はどう作ろう→確かオンラインで作って公開できるサイトがあったような

http://challonge.com/ja/bswcarcassonne10kariこのサイトが使いやすそう。オンラインで公開して各自が編集できる。参加者に開始前にエントリーを求めることも可能。トーナメントの形式はダブルイリミネーション式も使えるが試合数が多くなるのが難点か。
参加希望(まだ正式じゃないけど)やご意見あればじゃんじゃん教えて欲しいです!
よろしくお願いします!
プロフィール

ユキ

Author:ユキ
東京大学を卒業後、霞が関を数年うろうろした後、金融っぽいことしてます。東京→名古屋→福岡(現在)を転々としている転勤族です。どこでも仲間がみつけられる趣味が欲しいとボードゲームを始めました。最近は特にカルカソンヌに力を入れてます。その他に自転車旅行やポケモン、スパロボ、プリキュアあたりが趣味です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR